So-net無料ブログ作成
検索選択

私が衝撃を受けた映画 [日記]

私の心に残るキネマを挙げるなら一択で「陽炎」だね。

このキネマは1991年の日本映画で監督は五社英雄、主演は樋口可南子でした。

このフィルムをロードショーで見たとき、我輩は高校生でした。

不安を感じつつ学校をサボりながらプールバーに夢中でした。

学校では周りから自分がどう見られるかをやたらと気にしていました。

当時、気になっていたのはバイト仲間の元気な女の子です。
仕事の話しかしたことはありませんが。

キネマの鑑賞後に考えたことは、ドロドロした物語と激しすぎる感情表現に心を動かされました。

話は変わって、まろは近頃、聖学園の日常行事 委員が頭から離れないので困っています。
nice!(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1